うめしばの雑多なブログ

その時思ったことや出来事など

高卒未経験者がWebエンジニアになるまで歩んだ道

f:id:ume_zaid:20210126232801j:plain


こんにちは。うめしばです。

今回はタイトルの通り、高卒のIT未経験者がWebエンジニアになるまでの道のりを自分の体験談をアドバイスを踏まえながらまとめます。

私はタイトルの通りの道を歩み、転職から1年後に自社サービスのWebアプリ制作に携われるようになりました。

実際のところ、明確にこうなりたい!という願望があってなったわけではなく、色々な偶然が重なって結果的にWebエンジニアになれただけなので、他の人が再現するのは難しいかもしれません。

まあせっかくなので、似たようなことで悩んでいる方がいたら「こういう道もあるよ」程度に参考にしてもらえればと思います。

ちなみにこの方法では事前にITの勉強したりポートフォリオを作成などはしません。ただし入社後はひたすら努力と運の世界が待っています。

当時のスペック

未経験からIT企業に転職を決めたのは高卒で就職してから7年たったくらいの時です。この頃は漠然とシステムの開発をしたいなと思っていたぐらいで、具体的にどんな仕事があるのか想像もつかずにいました。

 

転職エージェントサービスに複数登録し、一つに絞る。

転職すると決めたら、とにかくまずは転職エージェントサービスに登録します(マイナビエージェント、リクルートエージェントなど)。次に複数のエージェントさんに会います。ここで頼れる人とそうでない人を選別し、最終的には一人のエージェントさんにしぼりました。選別は以下のポイントです。

  • 自分の意志や希望をきちんと聞いてくれる人か
  • 提案してくれる企業は自分の希望に近いものか
  • 過去に自分と似た境遇の人を転職成功させた実績を持つ人か(できれば)

転職エージェントサービスはたくさんありますが、結局はサービスではなく担当してくれるエージェントさんに質は依存します。この人なら任せられる!という人を嗅ぎ分けて利用してください。中にはどうしようもなく見下してくるエージェントさんや、ITの知識が皆無なのに変な企業を薦めてくるエージェントさんもいます。そういう人は即座に切りましょう。

 

エージェント経由でできるだけ多くのIT企業と面接する。

エージェントさんと1人に絞ったら、次は紹介してもらった企業にエントリーします。そして、面接に呼んでくれた企業とはとにかく面接しましょう。未経験なので、実際にIT企業にどのようなタイプの企業が存在するのか肌で感じておく必要があるのです。

未経験ということもあり、実際に面接してくれる企業はほぼSES系企業になってしまいます。実際当時26歳の自分がそうでした。しかしながら年齢が20代前半とかであればSES企業以外の多くのIT企業が面接してくれるかもしれません。

 

自社サービスを開発しているSES系企業を狙って入社する。

何社か面接していくうちに、この会社だったら雇って貰えそうだなと思える企業がいくつかでてきます。そしたらその中から自社サービスを開発している企業を探してください。きっとHPに乗っていなくても、面接で質問したら色々だしてくれるかもしれません。

SES系企業でも、最近は新しいことに挑戦しようと自社開発を始める企業さんが増えている気がします。狙い目はそこです。

先程も少し触れましたが、高卒未経験者が入れるのは現実的にほぼSES系企業だと思います。たまにポテンシャルで自社開発企業に入社できることもあるかもしれません。しかしこれは転職活動前から入念な準備を行う必要があると思いますし、修羅の道な気がします。

 

入社後できるだけ多くの資格を取り、自社開発をやりたいアピール

入社後は軽い研修を受けた後、客先常駐に放り込まれます。SES企業なので。そこで運がよければあまり忙しくない案件に入ることができるかもしれません。そしたらひたすら資格を取りつつ、上司と自社開発案件への異動交渉をしましょう。

私は1年間で以下の資格を取得しました。

  • ITパスポート
  • 基本情報
  • 応用情報
  • Java Silver
  • Lpic level1

およそこれだけ取ればIT業界の常識と、開発に必要なサーバー・プログラミングの知識が養われます。加えて自分はこの実績で上司に本気度をアピールできました。

結果として、私は1年間の客先常駐経験を得て自社Webアプリ開発案件へと異動が叶いました。

まあ、ここに関しては……運でしょうね。

 

まとめ

思い返すと今Webエンジニアをやれているのは偶然が重なったおかげなだけの気がします。当時これがやりたい、といった思いも無かったし、入った企業にもたまたま自社開発案件があっただけだったし。あとはこんなやり方ではなくもっと賢くてストレートな道もあるかもしれませんね(テックキ○ンプとか)。

とはいえ事前にこういうルートで行こう!という計画と気概さえあれば、案外このやり方もありかもしれませんよ。

少しでも現在転職で悩んでいる方にとって力になれば幸いです。それでは。

社会人になってから現在までの話

f:id:ume_zaid:20210126232929j:plain

こんにちは。うめしばです。

 社会人として働き始めてからはや9年が経ち、今年の4月からついに10年目を迎えようとしています。

きっと10年続けられてきたことって、今まで無いんじゃなかろうか。

ともかく、約10年働き続けてきた中で様々な荒波に揉まれ、およそ一般人としての感覚
人間性というのが養われてきたのではないかと思います。

それがいいことなのか悪いことなのかはさておき、いち社会人としてそれほど困るようなことはなくなってきたかなと。

 今日はこの9年間どんな感じで歩んできたかをざっくりまとめられたらと思います。(社名や所属名はぼかしています)

 

 

製鉄会社:研修〜駆動装置整備班時代(2012〜2014年)

工業高校を卒業した後、地元を離れ関東の日系最大手の製鉄会社へ入社しました。

高校の学科が情報技術系だったこともあり、本当はこの頃からIT企業へ行きたかったのですが……。

当時IT系の求人がなかったのと、上京への憧れもあったので、入社を決めました。

 入社後は研修が1年間あり、その後製鉄所内の電気設備をメンテする課へ配属されました。

研修で多くの同期と仲良くなれた経験があった一方で、配属後は色々としんどい思いをしました。

電気メンテ系の課の中で、さらに駆動装置と呼ばれる設備を専門に扱う班へ配属されたのですが、業務への興味のなさと、モチベーションの低下が組み合わさって、上司や周囲からの評判が下がりまくっていたのです。

加えて仕事のミスも多く、失敗が失敗を呼ぶ負の連鎖が続いていました。

個人的には完全に社会人をやめたくなっていた頃ですね。

 

製鉄会社:大型機器整備班時代(2015〜2016年)

当時腐りきっていた自分に配置換えが置きました。

同じ課の中で、駆動装置整備班から大型機器整備班へと異動したのです。

最初は心機一転でがんばっていましたが、ここでもだんだんモチベーション低下が……。

結果としては約1年で完全に腐ってしまいました。

ただ、この2度目の挫折の経験から、会心の一手を打ちました。

当時会社では、若手電気技術者の技術を競い合う競技大会が毎年行われており、そこで社長表彰されるレベルの成績を取ることができたのです。

この頑張りにより、周囲からの評価はガラリと変わり、一時期は英雄扱いを受けていました。個人的にもここで社会人として一皮向けたような気がします。

 

製鉄会社:設備測定班〜転職活動時代(2017年〜2018年)

競技会が終わった直後、再度配置換えが置きました。

所内の設備の様々なパラメータを測定する専門的な職場へ異動となったのです。

正直言うと、この班はかなり楽しかったですね。仕事内容が自分の興味ある分野で、かつ自分のやりたいように仕事ができる環境でもあったので。

さらに、ここでリーダー的ポジションとしても働くことができ、自分主体で仕事を行うノウハウなどを培えました。

ほぼ順風満帆だったのですが、色々な事情により(ここでは言えない話)再度IT系を目指すことになりました。

転職エージェントサービスを駆使して、結果的には2ヶ月ほどで現在も働かせてもらっているSES系企業への転職がきまりました。

 

SES企業:客先常駐時代(2019年)

未経験ということもあり、最初は社内システム運用保守系の現場へ客先常駐として配属されました。

この時点で26歳の自分は、未経験なのに20代後半という事実に焦りしかなく、ひたすら資格を取り続けました。

同時にSESではなく自社サービス開発という仕事に憧れを感じ、当時の部長にひたすら異動のお願いをしていましたね。

なりふり構わなかったというか…ほとんど自分のことしか考えず色々行動していました(笑)

ただ、それが結果的に功を奏すところでもありました。

 

SES企業:自社サービス開発時代〜現在(2020年)

運用保守のSES契約が満了し、晴れて2020年の4月から自社サービスの開発業務へ異動となりました(現在でも従事中です)。

技術的な話をすると、AWSクラウド環境作ったり、LaravelなどのWebフレームワークでアプリを作ったり、いわゆるモダンなWeb系技術を使って仕事をするので、控えめに言って最高の仕事です。

もちろん辛いこともありますが、基本的には常に楽しみながら働けています。

ただこの年から新型コロナウィルスが流行してしまったという社会情勢でもあったため、私生活面はいろいろ大変だった気もしますね。

f:id:ume_zaid:20210126233213j:plain

 

終わりに

自分自身、あまり器用な人間ではないと自覚していて、それが故に様々なシーンで挫折を味わいながら生きてきました。

ただ、それらの挫折がさまざまな成功体験へと繋がり、結果として今のような最高の環境で働けているのだと思います。

いや、本当にこれまで色々ありましたが、今では全部いい思い出です。

次はプライベートな話でもまとめようかな。

日々を記録するメディアの個人的な最適解

f:id:ume_zaid:20210126233409j:plain


こんにちは。うめしばです。

ブログって今まで定期的に続けられた試しがなく、結局最初の2、3記事書いたら更新が止まるんですよね。
けれども自分がいま瞬間的に思っている事をまとめて後々読み返せるようにしておきたい、という願望もあるので、
毎月毎日とは行かずとも思い立った時にはここに残していこうかなと思った次第です。
 

テーマ

今回まとめたいのはタイトルにもある通り「日々を記録するメディアの個人的な最適解」についてです。
ネットが発達する前は、日記やメモがその代表格だったかもしれませんが、
今ではネット上の様々なメディアに記録でき、さらにそれをパブリックに公開することもできます。
 
いまさらっと思いついただけでこれだけの選択肢があるかと思います。
インターネット最盛期の時代、コンテンツプラットフォームは文字だけにとどまらず画像や動画などにも広がっていて、本当に凄い時代だなと改めて思います。
 
ただし今回、あくまで「日常やその時の感情を手軽に記録すること」に重点を置きたいため、動画、画像コンテンツ投稿サイトは除外し、文章投稿に特化しようと思います。
なので今回候補として上げるのは個人的にハードルの低いTwitterとブログにします。
 
今自分が自ら発信しているのはTwitterだけなんですが、Twitterって過去ログ追うの大変なんですよね……。
 
更新頻度が上がれば上がるほど、たった数日遡るのが大変になります。
しかも140文字制限という仕様上、取り止めもないことばかり呟くので、読み返してもあまり思いだせるものが少ないんですよね。
 

求めるもの

個人的に「日々を記録するメディア」に対しては以下を求めます。
  • 過去ログの参照しやすさ
  • 読み返したときに思い出せる記憶量
この条件をクリアできるのはブログだと思います。
  • 記事を階層化できる
  • 1記事あたりの文字数が多い
これだけでブログはTwitterに圧勝します。
でも個人的に続けられるのはTwitterの方なんですよ。なぜなら
  • 思いついた瞬間に投稿できる
  • 記事ではなく呟きなので、投稿ハードルが低い。
  • 阿呆なことも呟ける
このメリットが強いです。ブログは全部この逆だと思っています。
 

結果として・・・

じゃあどっちを取るのが正解か、というと、
結論としてはどっちも取るのが正解だと思いました。
リソースさえ足りればやるに越したことはないとら思っています。
でもそれだけだと、きっとこれまで通りブログはすぐ更新を止めちゃうんですよね。
 
なので、ここに一工夫いれたいと思います。
たとえば1週間のTwitterの呟きをブログに貼り付け、一つ一つの呟きに捕捉を入れるような文章をを作成します。
これにより、Twitterの過去ログをTwitter状態で追うのではなく、ブログ上で追えるようにするわけです。
さらに呟きの捕捉も入るので、得られる記憶量も増えるというイメージです。
 
まあ、これだけ色々書きましたが、
多分やらないと思いますけどね……面倒くさがりだから。
 
そんなわけで今後もなんか思ったらブログに書こうと思います。
ありがとうございました。